English Chinese
「求人案内」へ 「予約電話について」へ 「よくある質問」へ
「TOPページ」へ 「病院案内」へ 「診療科の紹介」へ 「外来のご案内」へ 「検査のご案内」へ 「入院のご案内」へ 「お見舞いメール」へ 「交通のご案内」へ 「お問い合わせ」へ
TOPページ > 女性特有の疾患にお悩みの方へ > 婦人科
女性特有の疾患にお悩みの方へ
婦人科
■ 不正性器出血
婦人科では外陰部、腟、子宮からの異常な出血を不正性器出血と言います。

1) 月経とは
  性成熟期の女性が正常な排卵を有し周期的に子宮の内膜が剥離して起こる出血のことを
  言います。

2) 以下のような不正性器出血があった時は自分で判断せず婦人科を受診しましょう。
  ・月経が不順で月経かどうかわからない出血がある。
  ・出血が多量である。または出血が10日以上も続く。
  ・性交後に出血がある。
  ・妊娠の可能性があり出血している。
  ・閉経後なのに出血する。

3)年代別の性器出血
  1.月経前の小児期(〜10代)
    外傷、異物、思春期早発症
  2.月経期(10〜40代)
    (1) 妊娠していない場合 
     (外陰部・腟に原因がある場合)
      処女膜出血(裂傷)、外陰部潰瘍、腫瘍、腟炎、腟内の異物(タンポンの出し忘れなど)、乱暴な性交
     (子宮に原因がある場合)
      粘膜ポリープ(子宮内膜ポリープ、子宮頸管ポリープ)、子宮腟部びらん(ただれ)、子宮筋腫、
      子宮内膜炎、子宮内異物(避妊具)、子宮悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌)
     (卵巣に原因がある場合)
      排卵障害による月経異常、卵巣腫瘍(卵巣嚢腫、卵巣癌)、卵巣機能障害
    (2) 妊娠している場合 
      流産の始まり、妊娠初期における月経様出血、子宮外妊娠
  3.閉経後(50代〜)
    ホルモン補充療法による月経様出血、老人性腟炎、子宮悪性腫瘍

4) 婦人科で確認すること
  ・最近の月経の状態
  ・腟、子宮、卵巣、卵管などの異常がないか
  ・月経異常を来す婦人科以外の病気や影響する薬を内服していないか
  ・出血が止まりにくい病気がないか
  ・悪性の婦人科の病気がないか

不正性器出血は、その陰に婦人科の不妊症や良性または悪性腫瘍などが隠れていることがあります。
つまり病気を発見する手掛かりとなり、受診が早ければご本人にとってもいい結果となるのです。
まよわず是非当院婦人科でご相談ください。
← 前のページに戻る ↑ このページのトップへ
「骨盤臓器脱専門外来」へ
 ・ウロギネとは
 ・骨盤臓器脱とは
 ・直腸脱
 ・子宮脱・膀胱脱
 ・直腸瘤
 ・直腸腟瘻
「婦人科」へ
 ・不正性器出血